毛細血管について

体の中の血管のうち99%が毛細血管です。毛細血管は血液を通じて体のすべての細胞に酸素と栄養素を届け、細胞たちが出した二酸化炭素と老廃物を回収します。人間の体には60兆個も細胞があるといわれていますが、そのすべての細胞は毛細血管から0.03mm以内に存在し血液で栄養されているのです。また、毛細血管は免疫細胞を運び体に侵入した異物から身を守る働きや、体の働きを伝達するホルモンを運び、血流量を調節することで体温調整を図ります。

毛細血管は残念ながら加齢とともに減少していきます。健康な毛細血管は1000日ほどで新しく入れ替わりますが、40代辺りから新陳代謝で生まれ変わる毛細血管の量が減少し始め、60代では若いピーク時に比べて40%も減少すると言われています。

また、不規則な生活習慣により、毛細血管の弾力性が失われ詰まりやすくなり血管は有るのに血液が流れていない「ゴースト血管」が生まれます。そうして使われなくなった血管はやがて脱落消滅してしまうので、全身の細胞へ栄養供給が出来なくなっていくのです。

当院では、指先の毛細血管を観察するための顕微鏡システム「血管美人」を導入しています。実際の血管の姿形、血流の速度などをリアルタイムで確認で来ます。

体を錆させる(血流を悪くする)活性酸素

体を維持する生命活動のために、体の中では酸素と栄養素を化学反応させてエネルギーを生み出します。その際酸素は水素と結合して水になりますが、その過程で電子の移動が起き「活性酸素」が発生します。

活性酸素とは、その反応のしやすさから体内に侵入した病原菌や毒物に敏感に反応し分解して処理する働きを持ちます。

しかし、その量が多すぎると体内の細胞やDNAを傷つけ、老化を促進したり糖尿病、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病やがんなどの病気の原因になります。

水素の働くメカニズム

余剰な活性酸素と水素ガス吸引で取り込んだ水素が結合することによって水(H2O)となり体外に排出されます。この水素ガス吸引の水素は酸化力の強い活性酸素とより結合しやすいので体の酸化()を食い止め、毛細血管の血流を改善し自然治癒力を高めます。

水素ガス発生装置ガイアα

水素ガス吸引の効果の期待できる症状

疲労、全身倦怠感、肩こり、眼精疲労、高血圧、うつ病、パニック障害など活性酸素によって生じる様々な不快な症状を取り除きます。

料 金 

1回(30分) : 2、000円

回数券 10回 : 15,000円