当院ではクラシカルオステオパシーの治療法にもとづいて治療をおこなっております。

クラシカルオステオパシーの理論は人体生理学に基づくものなので、筋、骨格系の障害だけでなく、慢性疾患や内科系などの広範な健康問題に対処することができ、皆様の健康を根底から支えることが出来ます。
クラシカルオステオパシーの技法は、他の医学にはない人体生理学に基づいた奥の深い、そして医療の原点ともいうべき治療法であり、単に局所の障害を治療するだけにとどまらず人体という有機体を治療する全体治療なのです。


クラシカルオステオパシーの効果

非常にソフトな施術で心地よい刺激を与え、全身の調子を整えます。
筋肉や骨格に緩やかな刺激を与え、関節の動きをよくすることで自然治癒力を向上させます。
リラックスの効果もありますが、確実に身体の調子がよくなっていきます。
身体のゆがみを検査し骨盤や脊椎・関節の可動性を良くすることで、血液やリンパの循環が改善し、自律神経系の働きの改善にも繋がると考えられます。
ストレスを強く感じていたり慢性的な症状の方や肩こりや慢性疲労、自律神経症状などの慢性症状など病院で検査を受けても原因が特定できない様々な症状でお悩みの方にお勧めの治療法です。
特に、冷え性やむくみ、頭痛、めまい、不眠症、便秘などの症状が改善されたという患者さんもたくさんいらっしゃいます。


妊婦さんのオステオパシー

妊娠中は母体内での胎児の成長と共に母体にも多大な影響を与えます。妊娠中の母体は、つわり、食欲不振、腰痛、肩コリ、関節炎、便秘、むくみ、情緒不安定など様々な状態を作り出してしまいます。主な原因としては重心(姿勢)の位置の変化や、ホルモンバランスの影響、ストレスなどによります。胎児は母体の血液、リンパ液の流れから成長の糧となる栄養をもらい、老廃物を排出してもらいます。母体の安定は胎児の成長にもより良い影響を与えてくれます。よってクラシカルオステオパシーで血液、リンパ液などの体液循環を改善しホルモンバランスの安定を図る事で赤ちゃんの健やかな発育に繋がります。

クラシカルオステオパシーでは痛みの伴う治療は行いません。母体の状態に合わせた治療を丁寧に優しく行いますので安心してご来院下さい。

産後のオステオパシー

出産後は長い間、胎児の成長を支えた身体と狭い隙間から激痛に耐えて出産し開いた骨盤を元の位置に戻すことを目的とします。また産後の母体は出産と言う大仕事を終えとても消耗しています。母体の健康な身体を取り戻すにはクラシカルオステオパシーがとても有効です。そして、クラシカルオステオパシーはホルモンバランスの調整作用もあるので、お乳が出にくい、乳腺炎、等にも効果的です。

また、産後は育児での肩こり・腰痛・腱鞘炎などの骨盤調整以外の症状にも効果的です。

 

料 金

初診料 :     2,000円

治療費(1回):  6,000円