カテゴリー
News 光線療法

ブログ「抗がん剤治療の副作用に対する光線療法」

こんにちは。

天満橋鍼灸整骨院の西です。

 

現代のがん治療において抗がん剤治療が欠かせない治療法になっておりますが副作用がとても強く、それでもこれでがんが治るなら・・・とがん患者さんは必死に耐えて抗がん剤治療を受けておられるみたいです。

 

先日も当院の昔からの患者さんが乳がんの手術の後に抗がん剤治療を引き続き受けておられるんですが、とにかく耐え難い苦しさで抗がん剤を注入された夜は苦しすぎて眠れない。

だけど頑張らないといけないと心に鞭を打って治療を受けておられているそうです。

 

そこで当院に「この苦しさ何とかなりませんか」と相談がありました。

当院の可視総合光線療法を提案させていただき、早速四台の光線治療器で全身に照射いたしました。

途中から気持ちが良いのかウトウトと眠られてしまいました。

 

そして、照射後はあの怠さやしんどさは何処に行ったの?ってぐらいに楽になられたようです。その夜も何事もなくぐっすり寝れたみたいでした。

 

この後も何クールか抗がん剤治療があるようですが、「最後まで頑張って治療を受けれそうです!」と喜んでいただけましたので光線療法でしっかりとバックアップしていきたいと思います。

 

(注)光線療法における治療効果は病気の種類また個人差により治療効果及び期間が変わることがあります。

カテゴリー
News 光線療法

ブログ「難治性の前立腺炎でお困りの方々に朗報です。」

こんにちは。

天満橋鍼灸整骨院の西です。

 

今回の症例は一年前から泌尿器科で前立腺炎のお薬をもらって飲んでいるのに一向に痛みやモヤモヤした不快感が消えずに大変困っておられる患者様のお話です。

人づてに光線療法がいいらしいと聞いて藁にも縋る思いでお見えになられた患者様ですが、本日七回目の光線治療で初めて「随分とモヤモヤ感と痛みが大幅に減りとても楽になりました」とのお言葉をいただきました。

六回目までは「少しましかな?でもまだ良く分かりません」との事でしたが、本日治療所に入ってくるなり「昨日辺りから随分と不快な症状が減りとても楽になってきました。それ以前とは比べて格段に調子が良くなっています。」とそれは本当に嬉しそうな第一声でした。

 

この事からもハッキリ言えることは西洋医学では慢性病の病状を対症療法として薬で抑え込むだけなので治癒には至らないことが多いと聞いております。

そして、まだまだ光線治療と言う治療法がある事を知らない方が大勢いらっしゃるのも現状です。

なんとか光線治療の威力を世間の難治性の疾患にお悩みの方々に周知いただき、少しでもお役にたてればと思っております。

 

病院で原因不明と言われながらも長年に渡り薬を飲み続けているにも関わらず緩解されない方は、一度治療の選択肢の中に光線治療を入れられてもいいかと思いますしぜひお勧めします。

なぜ?病院でも治らないのに鍼灸整骨院で治るの?と思われるかも知れませんがこれも一つの現実です。

ただ木を見て森を見ない(症状の部分だけ見て体全体を診ない)西洋医学。

それに対して森を見て木を見る(体全体を捉えて症状を見ていく)経絡治療及び光線療法。

ただその違いだけです。

 

光線療法には何十年に渡る数多くの疾患の臨床例が有ります。どのような疾患でも構いませんのでご相談下さい。

 

当院では財団法人 光線研究所  医学博士 黒田一郎医師の指導の下に光線治療を行っております。

 

カテゴリー
News はりきゅう治療 経絡治療 脈診流氣鍼医術

ブログ「お灸のちから」

こんにちは。

天満橋鍼灸整骨院の松本です。

 

当院で行うはりきゅう治療の中に、「裏内庭のお灸」というものがあります。

胃腸の調子を高めたり、アトピーやじんましんなどにも用いるのですが、このお灸が免疫力を高めるという事を改めて実感した症例をお話します。

 

40代女性

幼いころからアトピー性皮膚炎の症状に悩まされていて、首や肘、手首、ひざなどの皮膚が荒れて、かゆみも強く、無意識に掻いてしまって傷になっている状態でした。現在も仕事が忙しくなったり、ストレス過多になると比例して悪化し、どうしたものかと悩んでいた時、知人の方のご紹介で来院されました。

 

脈診流気鍼医術という経絡治療と裏内庭のお灸を始めて4か月ほどたったころ、患者さまから「最近、体温が36度半ばになってきました。以前は35度台しか出たことがなかったのに。手足の冷えも楽になっています。以前より体調がとてもよくなっています。」とのご報告を頂きました。

 

体温は1℃下がると免疫力が30%下がると言われています。

免疫力というのは、細菌やウイルスと戦うだけでなく体できたがん細胞をやっつけたり、老化した細胞を新しく作り替えるという働きも持っています。

体の自然治癒力を高める=血流をよくすることになります。

万病のもとである、循環不良を改善するための方法の一つとして、裏内庭のお灸をはじめ、気の流れを調整する脈診流気鍼医術のはりきゅう治療はとても有効です。

冷え性、アトピー、胃弱などでお困りの方はぜひ当院の脈診流気鍼医術を受けてください。