カテゴリー
News はりきゅう治療 経絡治療 脈診流氣鍼医術

ブログ「脈診流気鍼医術の凄まじさ。」

先日、中学生の頃、頭痛で当院に通っていた女の子(当時四、五回の治療で頭痛が緩解しそのままご無沙汰でした)の母親から「娘が顔半分が痛くてたまらないと言っているから見てやって欲しい」との治療依頼を受けたのでお受けしました。

 

当日お見えになった女の子はすでに大学一年生立派な女性に変身しておりました。

問診でいろいろ話を聞くとまさに東洋医学の経絡上に症状が出ており、それならばと脈診流気鍼医術の金鍼を使った刺さない鍼法で治療を行った所、一瞬にして目の周りの痛みと引きつりが消失しました。

 

そんな馬鹿なと仰る方もおられるかと思います。まして西洋医学の医者はまったく信じませんし理解しようともしません。

 

しかし脈診流気鍼医術という経絡治療は今回のような疼痛性疾患にも多大な効果がありますし、その他の様々な内科的な慢性疾患にも治療効果が認められております。

何故ならばこの鍼灸術(この鍼灸術はただ単に痛い所に鍼を刺すという単純なものではなく経絡治療を指します)は中国の長き歴史の中で培われてきた数え切れないほどの試行錯誤の臨床経験の積み重ねに基づいた経験医学の賜物なのです。

ただこの治療法は習得するのにかなりの努力と感性が必要で、この技で治療出来るのは全鍼灸師の中でも約2%程度と言われるほどの高度なテクニックです。

私もさらなる高みを目指して精進中ですが目標は遥か彼方まだまだ遠いです。

これからも世間から必要とされる限り頑張っていく所存です。

話は長くなりましたが様々な疾患でお困りの方いつでも気軽にご相談にお越しください。

カテゴリー
News はりきゅう治療 経絡治療

ブログ「ぎっくり腰」

こんにちは。

天満橋鍼灸整骨院の松本です。

 

本日来院された、ぎっくり腰の患者さま。

下に置いていたものを取ろうとかがんだ瞬間に、腰にギクッと激痛が走り、そこから何をしても痛くて仕事にならない・・・と飛び込みで来院されました。

 

たまたま当院の予約にちょうど空きがあったので、ブースへご案内し院長が治療に当たりました。

テストの結果、前屈後屈のどちらも痛んで、動作制限もあり本当に辛そうな感じでした。

しかし治療は脈診流気鍼医術の技で一瞬にして終わりました。

治療後前屈後屈の動作を確認していただいたところ、「来た時と全然違ってほぼ痛みが取れて楽に歩けます」とおっしゃて頂けました。

 

このように当院では鍼灸治療をメインに、とにかく患者様の自分で治す力、すなわち自然治癒力をいかに上げていくかに全力を傾けて治療に当たっております。

この結果西洋医学でどうにもならない慢性疾患から根本的に抜け出す事が出来るのです。

カテゴリー
News はりきゅう治療 経絡治療 脈診流氣鍼医術

ブログ「秘穴!裏内庭(うらないてい)のお灸で胃のむかつきを撃退!」

こんにちは。

天満橋鍼灸整骨院の松本です。

 

今日の昼ごろから、院長が「なんか胃の辺りが重くてむかむかする・・・」とあまり元気のない様子でした。

 

そんなときは、秘穴の裏内庭のツボで決まりです!

足の裏にある「裏内庭」は胃腸の調子が悪いときの特効穴なんです。

胃腸の調子が悪い時は、お灸を始めた最初は熱さも暖かさも感じません。据え続けていくうちにだんだんと裏内庭から胃腸へお灸の熱が加わり、体がポカポカとしてきます。

何十個(場合によっては100~200個)据えてやっと「熱!」と熱の刺激を感じるようになります。

そうすると、あら不思議!それまで重く気持ち悪かった胃が嘘のように軽くなるのです。

 

院長も裏内庭のお灸を今まで散々患者さんにしてきて皆さん楽になってもらっていたそうですが、院長本人はいつも元気で、お腹が痛いとか胃がムカムカするのは無縁で本人は裏内庭の効果を実感したことが無かったけど、今回初めて「裏内庭はやっぱり凄いな」と身をもって実感されたみたいでした。