カテゴリー
News はりきゅう治療 経絡治療 脈診流氣鍼医術

ブログ「子どもは神の子」

こんにちは。

天満橋鍼灸整骨院院長の西です。

 

本日開院と同時に電話があり、小学5年の息子が起きたとたんに首が痛くて右に回せないと言い出し学校にも行けない状態なので何とかして欲しいとの要請がありました。

来院されたのはまだあどけない子どもですが、首を回してみてと言った所顔をしかめながら「痛いです~」と本当に痛そうにしておりました。

このような症状には我が脈診流気鍼医術の出番です。

治療を始めてから一瞬でした。私が狙った所の一番始めのツボに金の鍼を当てて、「首を回してごらん」と言って回させたところ狐につままれたような顔で

「あれ?痛くないわ」とケロッとしておりました。

 

大人と違いヤッパリ子どもの治癒力は比べ物にならないほど早いです。

やっぱり大人になるまで神様が守ってくれているんですね。

脈診流気鍼医術は大人から子どもまでオールマイティに対応できます!

カテゴリー
News はりきゅう治療 経絡治療

ブログ「ぎっくり腰」

こんにちは。

天満橋鍼灸整骨院の松本です。

 

本日来院された、ぎっくり腰の患者さま。

下に置いていたものを取ろうとかがんだ瞬間に、腰にギクッと激痛が走り、そこから何をしても痛くて仕事にならない・・・と飛び込みで来院されました。

 

たまたま当院の予約にちょうど空きがあったので、ブースへご案内し院長が治療に当たりました。

テストの結果、前屈後屈のどちらも痛んで、動作制限もあり本当に辛そうな感じでした。

しかし治療は脈診流気鍼医術の技で一瞬にして終わりました。

治療後前屈後屈の動作を確認していただいたところ、「来た時と全然違ってほぼ痛みが取れて楽に歩けます」とおっしゃて頂けました。

 

このように当院では鍼灸治療をメインに、とにかく患者様の自分で治す力、すなわち自然治癒力をいかに上げていくかに全力を傾けて治療に当たっております。

この結果西洋医学でどうにもならない慢性疾患から根本的に抜け出す事が出来るのです。

カテゴリー
News 体・健康のこと

ブログ「梅雨の湿気で体も湿気ると・・・」

こんにちは。

天満橋鍼灸整骨院の松本です。

 

梅雨に入り、湿度も高くなってじめじめとする日が続きますね。

この湿度の高い時期は、中医学では「湿邪」の影響が大きくなるとして以下のような症状が増えてきます。

 

・疲れやすい

・頭や足腰など体が重だるい

・手足がむくむ

・めまい、耳鳴り

・食欲不振

 

梅雨により湿度が高くなって、体の中に不要な水分がたまってうまく排出出来ない体になるとこのような症状に悩まされます。

エネルギー吸収の要である胃腸は湿邪に弱い特徴があります。体の中の排出できない不要な水分は、胃腸の働きを弱めエネルギーを取り込みづらくなるので体が疲れやすくなってしまいます。

 

体に湿邪をため込まない方法

・お風呂(ぬるめのお湯で半身浴)や軽い運動で汗をかく

・ウリ科の野菜(きゅうり、ゴーヤ、スイカなど)や、豆類、海藻類を食べて水分の代謝を促す

・水分はなるべく温かいもので(常温以上、体温以上)摂り、過剰に飲みすぎないようにする

 

そして、湿邪の除去には当院の経絡治療(脈診流気鍼医術)も有効です。

すでに症状で悩まされている方は、治療と併用して生活習慣の見直しを行うことで湿邪に負けない体に変わります。