カテゴリー
News はりきゅう治療 経絡治療 脈診流氣鍼医術

ブログ「どうしても、どこに行っても取れなかった痛み。」

こんにちは。天満橋鍼灸整骨院の西です。

どこに行っても肩の痛みが取れなかった方のおはなしです。

 

三週間ほど前から左の肩甲骨の上辺りで一日中ズキズキ痛んで仕事もままならなかったそうです。

最初に整形外科に行って診てもらうとレントゲンを撮って「骨にも何処にも異常がありません。」と言われ渡された湿布薬を貼っていましたが一向に痛みが治まらない。

次は近くの鍼灸院に行ったら痛い所を揉まれ鍼をいっぱい痛い所にブスブス刺されその時は痛みが和らいだように感じましたが二、三時間たってから堪らなく痛くなって途方に暮れていました。

この痛みはどこに行ったら治るのか悩んでいたその時に、ふと少し遠いけれど西先生のところに行ってみようと思いついてお見えになりました。

 

結論から言えばその場で痛みが消失しました。

当院の治療はどの様な治療法かと言いますと、中国四千年を源流とした日本伝統鍼灸の経絡治療の中の神戸脈診流気鍼医術を用います。

脈を診ながら経絡(氣の流れる道筋)の流れを調整する刺さない鍼を駆使して病苦を取り去ると言う方法です。(当院の鍼治療は皮膚に接触するだけなので無痛の鍼です。)

この方の場合は痛む肩には一切触れず腰への治療を施したところ、即座に肩甲骨の上の痛みが消えてしまいました。

 

ハッキリ言います!

痛い所に鍼をブスブス刺しまくってもゴリゴリ揉んでも痛みは取れません。

ましてやレントゲンを撮って骨に異常はないからと湿布薬だけ出すだけで終了なんて、それは治療ではないのでは?と私は思います。

少し最後は辛口になりましたが治療家には何としても治してみせると言う強い心が要ります。

しかしその強い心の背景には勉強しないと。

想いだけでは治りません。

私も今年で七十歳。まだまだこれから社会の役に立てるように勉強します。

カテゴリー
News はりきゅう治療 経絡治療 脈診流氣鍼医術

ブログ「赤ちゃんの健やかな発育にちりげのお灸」

こんにちは。

天満橋鍼灸整骨院の西です。

今日はちりげのお灸のお話です。
日本では生後21日目の赤子の背骨にある身柱と言うツボに絹糸の様な細いお灸を一回すえてあげると元気な赤ちゃんに育つと昔から実践されています。

昔はよくされていたみたいですが最近ではあまり赤ちゃんにお灸をするなんて聞かなくなったみたいです。
しかし当院では今までたくさんの赤ちゃんにお灸をしています。

先日も赤ちゃんを連れてこられたので、ちりげの灸をしてあげました。
施灸してからすぐにお母さんが「先生あんなに冷たかった足が温かくなってポカポカしてますしなんだかからだ全体が赤みがさしてきました」とびっくりされました。
そして寝る子は育つの言葉通りスヤスヤと眠り始めました。
体の中の気血が赤ちゃんの中で滞りなく流れて育つと身体も精神も健康に育つこと間違いなしです。
当院では日本の将来を支えていく子供たちが元気に育つように少しでも役に立てばと思っております。
尚、ちりげのお灸は当院の社会貢献の一環として考えておりますので生後一年未満の赤ちゃんには無料にて施灸させていただきます。
赤ちゃんの健やかな発育のため、ぜひ受けてみてください。
お待ちしております。

カテゴリー
News はりきゅう治療 経絡治療 脈診流氣鍼医術

ブログ「腹痛、腹下しには裏内庭」

天満橋鍼灸院長の西です。

 

本日の開院と同時に「お腹が痛いです~」と飛び込んできた中学3年生の男子。

「お腹は下してないのか?」と聞くと「ピーピーです」との事。

お腹を触ってみると何だか冷たい感じ、取敢えず気鍼医術治療にて体を整えたところかなり痛みが減少しました。

最後の締めにノロウイルスなどの腹下しにも効果絶大な裏内庭のお灸をしたところ、本人曰く体が暖かくなってきてお腹の痛みも全然痛くなくなったと言っておりました。

 

とにかくこの子は風邪を引いても頭が痛くなってもお腹が痛くても遊んでいて足を捻っても医者には行かずに当院に来ます。

私も診断して当院の守備範囲を超えているなと思えば医者に行けと言いますが、そのような事は今まで一度もなく何とか治せています。