ブログ「抗がん剤治療の副作用に対する光線療法」

こんにちは。

天満橋鍼灸整骨院の西です。

 

現代のがん治療において抗がん剤治療が欠かせない治療法になっておりますが副作用がとても強く、それでもこれでがんが治るなら・・・とがん患者さんは必死に耐えて抗がん剤治療を受けておられるみたいです。

 

先日も当院の昔からの患者さんが乳がんの手術の後に抗がん剤治療を引き続き受けておられるんですが、とにかく耐え難い苦しさで抗がん剤を注入された夜は苦しすぎて眠れない。

だけど頑張らないといけないと心に鞭を打って治療を受けておられているそうです。

 

そこで当院に「この苦しさ何とかなりませんか」と相談がありました。

当院の可視総合光線療法を提案させていただき、早速四台の光線治療器で全身に照射いたしました。

途中から気持ちが良いのかウトウトと眠られてしまいました。

 

そして、照射後はあの怠さやしんどさは何処に行ったの?ってぐらいに楽になられたようです。その夜も何事もなくぐっすり寝れたみたいでした。

 

この後も何クールか抗がん剤治療があるようですが、「最後まで頑張って治療を受けれそうです!」と喜んでいただけましたので光線療法でしっかりとバックアップしていきたいと思います。

 

(注)光線療法における治療効果は病気の種類また個人差により治療効果及び期間が変わることがあります。

Follow me!