カテゴリー
News はりきゅう治療 経絡治療 脈診流氣鍼医術

ブログ「脈診流氣鍼医術のお話。」

こんにちは。

いつもお世話になっております。

天満橋鍼灸整骨院の院長の西です。

 

さて本日は当院で行っている経絡治療である脈診流気鍼医術(以下、気鍼医術)についてお話をさせていただきます。

 

最近では鍼灸院も数多く存在しどこに行っても同じような治療をするのではないかと思っておられる方も多いかと思いますが、実はこの気鍼医術は中国四千年の伝統にに支えられた鍼灸治療の神髄なのです。

何故なら大半の鍼灸院では、脈も診ない・お腹も診ない・ただ肩が痛ければ肩に、腰が痛ければ腰に鍼を刺すという治療です。

我々気鍼医術に関わっている者にとっては片手間の治療法と言っても過言ではありません。

 

つまり何を言いたいのかと言えば、火のない所に煙は立たない・煙をいくら吹いて消そうとしても火元を消さないと鎮火は出来ない、のと同じように肩の痛い所にいくら鍼をしてもその時は少し楽になった気がしても直ぐにまた痛くなってぶり返すのです。

 

それに対して気鍼医術はツボの道すなわち障害部位に対しての経絡に沿った治療を行い、不快な症状が出ないような体作りを目指しますので、肩や腰が痛くともその部位にはほぼ鍼を刺しません。

気鍼医術では患者様の脈を診ながら気(エネルギー)の調整を行い治癒を目指すのです。

 

この気鍼医術を会得するのはかなりハードルが高く、全鍼灸師の中でも約2%の鍼灸師しかこの技で治療が出来ないと言われております。

私も気鍼医術に出会うまでは痛い所に鍼をする拙い鍼でしたが、10年前に経絡治療の神様と言われた元東洋はり医学会会長、故・福島弘道先生の直弟子の葛野玄庵先生(脈診流気鍼医術会長)に師事し今に至っている訳です。

まだまだ未熟ですがもっと精進して、この治療法を日本中に広めて中々治らない慢性病に苦しむ多くの患者様を救えるよう、日々頑張っております。

Follow me!