カテゴリー
News はりきゅう治療 経絡治療 脈診流氣鍼医術

ブログ「赤ちゃんの健やかな発育にちりげのお灸」

こんにちは。

天満橋鍼灸整骨院の西です。

今日はちりげのお灸のお話です。
日本では生後21日目の赤子の背骨にある身柱と言うツボに絹糸の様な細いお灸を一回すえてあげると元気な赤ちゃんに育つと昔から実践されています。

昔はよくされていたみたいですが最近ではあまり赤ちゃんにお灸をするなんて聞かなくなったみたいです。
しかし当院では今までたくさんの赤ちゃんにお灸をしています。

先日も赤ちゃんを連れてこられたので、ちりげの灸をしてあげました。
施灸してからすぐにお母さんが「先生あんなに冷たかった足が温かくなってポカポカしてますしなんだかからだ全体が赤みがさしてきました」とびっくりされました。
そして寝る子は育つの言葉通りスヤスヤと眠り始めました。
体の中の気血が赤ちゃんの中で滞りなく流れて育つと身体も精神も健康に育つこと間違いなしです。
当院では日本の将来を支えていく子供たちが元気に育つように少しでも役に立てばと思っております。
尚、ちりげのお灸は当院の社会貢献の一環として考えておりますので生後一年未満の赤ちゃんには無料にて施灸させていただきます。
赤ちゃんの健やかな発育のため、ぜひ受けてみてください。
お待ちしております。

カテゴリー
News はりきゅう治療 経絡治療 脈診流氣鍼医術

ブログ「頭痛のその後」

こんにちは。

天満橋鍼灸整骨院の西です。

 

先日子供の頃から数えて40年来の肩こり・頭痛に悩まされている女性が二回目の治療にお見えになりました。

やはり私としては治療後の予後がとっても気になりますので今日も患者さんが来られてから「断然楽になりました!あれだけ飲んでいた頭痛薬も今のところ飲まずに済んでいます。」とのお言葉をいただき一安心いたしました。

しかし、「今日の朝雨が降り出したので少し痛くなってきましたがまだ薬は我慢しています」との事でした。

 

早速治療に入ったのですが、前回の治療の証と違っていました〔証、(タイプ)と言うのは経絡治療において治療のより所になる羅針盤のようなものです。〕

前回は腎虚心虚証という証でしたが、今日はこの証では病状が良くならない。そこで別の経絡を探っていくと肺虚肝虚証でとてもきれいで穏やかな脈になり、雨降りの為に少しぶり返していた不快な症状はすべて一瞬で消えていました。

 

その後は彼女には月経前症候群という厄介な病気も有りますので、経絡治療と共に三陰交に施灸してご自身でも毎日三陰交にお灸をして下さいと艾を少しプレゼントと施灸の仕方を指導させていただき本日の治療は終了といたしました。

 

なにぶん長期に渡る病状なのでもうしばらく治療をしないといけないと思いますが、絶対に治してみせると言う強い信念のもとに治療を進めていきたいと思います。

カテゴリー
News はりきゅう治療 経絡治療 脈診流氣鍼医術

ブログ「鎮痛剤の乱用は注意してください」

こんにちは天満橋鍼灸整骨院の西です。

最近はコロナの影響か身体の不調を訴える方がとても多いです。

昨日の女性の患者さんも片頭痛が酷く病院で処方された頭痛薬を仕事に行く前に必ず2錠飲んで仕事に行くらしいです。

飲まないといつ痛くなるか不安で仕事に行けないし、最近は生理の前後一週間がとても辛く婦人科を受診したらピルを飲んで下さいと言われ頭痛薬と共にピルも服用してるらしいです。

正に薬漬け。本当に対症療法の極みです。

 

しかしこの様な症状の方は山のようにいらっしゃいます。

そして皆さん薬を一生飲み続ける対症療法に引き込まれていくのでしようね。

 

その中でも何かおかしいのじゃないか?と気づかれた方は整骨院やマッサージ屋さんに行かれるのですがモミモミされても一向に良くならない・・・

それどころか強く揉まれ過ぎて余計に痛くなったりとかで最終的には鍼は怖いけど行ってみようかと医療のザルの目からこぼれた方が行きつくところが鍼灸院なのです。

 

しかし鍼灸院でも慢性病を扱えるとなるとぐっと絞られてきます。どこでもかしこでもと言う訳には行きません。そこが難しいところなんですが取敢えず経絡治療を標ぼうしている所なら行ってみてもいいかな?

 

話は戻ってその患者さんですが当院に来る前の朝に鎮痛剤を飲んで来たので今は少しぼーっとしてますが今は頭は痛くないんですと仰っていました。

頭痛症状のビフォーアフターの比較は出来ませんでしたが、頭がすっきりして肩こりの辛さもかなり緩和されたとの事で少し天満橋鍼灸院を信じてみようと思われたみたいで次回の予約を入れられました。

私も全力を出して治療に当たりたいと思います。